スコットランドの歴史と日本


日本とスコットランドの関係は、鎖国の江戸時代が終わり明治時代の文明開化のころ鉱山開発の技術やその他、産業に関連する知識と技術を日本に伝えたのがスコットランドの人(イギリスの人)だったといわれています。
スコットランドの歴史は古く、10000年前から始まり、ヨーロッパで最も古い歴史ある王国と言われており、1707年以降イングランドと連合王国として発展、産業革命後ヨーロッパで最も発展した商業王国となりました。

独自の文化や産業だけで動いていた江戸時代の日本。明治の始まりとともに進んだ産業や商業を学ぶため、国がイギリス(スコットランド)の人を雇い入れた歴史があり、この時代に学んだことは日本の発展にかなり貢献度が高いと言われています。

現在スコットランドでは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国からの独立に向けての動きが活発化しており、新しい歴史が刻まれる時なのかもしれません。